空き家コンサルティング株式会社は全国の空き家のお悩みを解決します

空き家コンサルティング株式会社

お問合せ  📞03-6206-0168  ✉️info@acinc.co.jp
受付 平日10:00〜19:00,土日祝10:00-17:00)  ※お気軽にお問い合わせください。
相続した不動産のお悩み解決

HOME | サービス詳細 | 相談サービス | 相続不動産向け空き家ですく

空き家の利活用のタイミングは相続後すぐがお勧めです

空き家の痛みが少ない

理由①:建物のいたみが少ない

建物は人が住まなくなると急速に劣化が始まります。
換気がされない宅内は、湿気によりカビやダニの発生で痛みます。
管理されない屋外も、草木が成長し宅内に入り込んだり、隣地へ侵入し近隣への迷惑にもなります。
その様に、長い間空き家状態の建物は、利活用に多くの修繕費がかかります。目に見えない壁や床の中(基礎や柱、梁など)が激しく痛むと、予定以上に費用がかかり利活用を断念せざる得ないこともあります。

所有者の問題意識が高い

理由②:所有者の問題意識が高い

相続から月日が経過していない、空き家は所有者ご自身の問題意識も高いため、利活用に積極的です。
しばらくして、空き家を所有している事に慣れると、腰が重くなり積極的に取り組まなくなります。こうなると、高い維持費や税金を払いぱなしの状態が続き、精神的にも経済的にも良い状態とは言えません。

過去相談者の傾向 ※当社調べ 

対象:37歳〜68歳 男女
相続から18ヶ月以内の空き家所有者は積極的に問題解決に取り組むが
取得から18ヶ月以上経過した所有者は決断が出来なくなる傾向が強い
 
空き家所有者の特性
 
一度、放置状態にした空き家所有者の腰は重く問題は先送りになり、
その空き家は次の代が引き継ぐ事になります
 
空き家を放置状態にしない為にも早めの対応が必要で
弊社は空き家所有者に寄り添ったサービス提供を心掛けています

弊社独自の強み

空き家コンサルティング株式会社×一般社団法人家族えんまん相続協会

葬儀の翌日からご遺族が抱えるお悩みを解決をサポートします

サービスの流れ

空き家相談の流れ

ご遺族が抱えるお悩みを二人三脚で解決します

相続不動産にお困りの方

お電話での相談はこちらまで

お客さまの声 バナー
やさしい空き家講座 バナー