空き家コンサルティング株式会社は全国の空き家のお悩みを解決します

空き家コンサルティング株式会社

お問合せ  📞03-6206-0168  ✉️info@acinc.co.jp
受付 平日10:00〜19:00,土日祝10:00-17:00)  ※お気軽にお問い合わせください。

寄せられたご相談

寄せられたご相談

相続後のご相談イメージ

case1:相続後の相談


親が亡くなり名古屋の実家を相続しました。維持するのも大変なので売却を考えています。どの様に手続きをすれば良いでしょうか?(千葉県在住40代女性) 相続後登記の手続きはしましたが家の中の片付けは出来ておらず、手つかずの状態で放置してあります。現在千葉県に所帯を構えているので、今後地元に帰る予定もありません。
 

課題:不動産業者の多くは遠方の物件は扱わない。


多くの不動産業者は、地域に密着し遠方の不動産を扱いません。これは大手企業も言えることです。遠方の不動産取引は所有者が現地へ足を運び、地元の不動産業者と交渉しなければなりません。不動産を動かす事に時間と手間を要するので、そのまま放置されるケースが少なくありません。
 

解決策:お客様の手間と時間を簡素化します。


今回、相談と打合せは千葉で行い、実務を相談員と名古屋の不動産業者間で進める事で、お客様には契約時のみ現地へへ足を運んで頂きました。進捗はメールや電話で報告させて頂くので、お客様には普段と変わらぬ生活を送っていただきました。

空き家活用方法についてイメージ

case2:空き家の活用方法について


空き家の固定資産税が高くなると聞きました。現在所有している空き家を何かに活用出来ませんか?(埼玉県在住50代女性)マンション暮らしをされるお客様が、実家を相続し空き家にして所有されていました。そのままにしておくのも勿体ないので活用できないかとご相談を頂きました。

課題:偏る選択肢


専門業者は自社のサービスに勧誘するので、選択肢は限られてしまいます。
空き家の転用を考える際、地域のニーズを調べ、どの様な選択肢があるかを知る事が大切です。賃貸でも住居」「店舗、「介護や「託児所などで利用方法で賃料も異なります。
 

解決策:空き家の最有効使用をお客さまと一緒に考えます。


弊社はお客様と同じ視点から、地域のニーズを調査し多くの選択肢を提案いたします。選択肢のメリット、デメリットをしっかり把握した上で、最良の活用方法をお決めください。

相続の事前相談イメージ

case3:相続の事前相談


両親が高齢になり、実家と不動産の相続を考え始めました。(東京都在住40代女性)長崎県に実家と駐車場を所有していますが、両親が高齢になり不動産をどうしていくか姉妹で話し合っています。妹も嫁いで、地元を離れているので、どうしていくか悩んでいます。

課題:相続は不動産だけではない


相続は、誰がどの不動産を相続し、相続税がいくらかかるのか?、他の資産はどう分けていくかなど様々な問題があります。家族間の話し合いで決まれば良いですが、申告の事も考えなくてはいけません。円満相続のためには、税理士へ事前の相談と準備が必要になります。
 

解決策:一括相談


弊社は専門業者だけではなく、各地域の税理士や司法書士と連携しているため、不動産と士業、両方の観点から適切なアドバイスが可能です。また、窓口が一箇所なので、同じ説明の必要や情報が混乱を避ける事が可能です。

業者選定のご相談

case4:業者の選定について


不動産を高く買い取ってくれる業者を探しています。(埼玉県在住40代男性)知り合いの不動産業者に不動産の査定をしてもらいましたが、希望額に達しておりません。高く買ってくれる業者さんを紹介して欲しいです。

課題:不動産業者にはそれぞれの強みがある


不動産業者はどこも一緒だと思いがちですが、業者毎の強みは違います。例えば、宅地分譲に強い会社とマンション建築を強みとしている会社では、査定の仕方、考え方が異なります。売却地のエリア特性をよく知り業者を選定する事が大切です。
 

解決策:全国の業者ネットワーク


相談員が土地の状況を考え高く買ってくれる、不動産業者を複数社選定いたします。お客様を代行し選定した複数社に査定依頼をかけ、より良い条件を導きます。
リフォームの相談

case5:リフォームについて


リフォームをネットで調べるとトラブルが多いようですがどこに頼めば良いですか?(東京都在住40代女性)相続した実家が築20年でそろそろ外壁の塗装しなくてはなりません。なるべく費用を抑えたいので業者をネットで調べてみると、施工後のトラブルが多いと不安になりました。屋根も張り替えるのか塗るのか判断できないので、良い業者さんを紹介してもらえませんか?

課題:選ぶ業者によって金額と仕上がりに差が出る


既存の建物を長期に渡り維持するには、定期的なリフォームは欠かせません。リフォーム会社は数多く存在しますが、金額や工事の質にも大きな差があります。金額が高過ぎても逆に安すぎても良い業者とは言えません。リフォームで失敗しないためには適正価格で工事を発注する事です。
 

解決策:パートナー企業の基準


弊社パートナー企業は、実績のある優良企業です。多くがパートナー企業から紹介頂いた企業で構成されたネットワークです。優れた施工実績と適正な金額で、お客様のリフォームをお手伝いいたします。

お問合せフォーム

相続不動産にお困りの方

お電話での相談はこちらまで