空き家コンサルティング株式会社は全国の空き家のお悩み解決します。

お問合せ  📞03-6206-0168  ✉️info@acinc.co.jp
受付 平日10:00〜19:00,土日祝10:00-17:00)  ※お気軽にお問い合わせください。
専門家の中立的なアドバイス 全国の空き家のお悩みを解決します

私たちのビジョン

所有者のお悩みと、利用希望者を繋ぐ事で、
全国の空き家問題を解決します。

所有者の悩みと利用希望者を繋ぐ事で、全国の空き家の問題を解決します

所有する空き家、放置したままになっていませんか?

空き家所有者は多くの問題を抱えています。片付けの問題、時間の問題、高齢化の問題、相談先の問題。
空き家を放置しておくと多くのリスクを伴います
不動産業者が対応できないお悩みは誰に相談しますか?

手掛けるサービス

 空き家ワンストップサービスは、所有者のお悩みを解決します。

空き家ワンストップサービスは、相談、媒介、管理の3つのサービスで、空き家所有者のお悩みを解決します。
相談サービス

空き家ですく

相談〜不動産取引の手続きまで行える一環サービスです。

相談サービス 空き家ですくのイメージ画像
 
 
IoT管理サービス

Akiya Watch

アプリから、空き家の自主管理ができるIoTシステムです

 
 
プラットフォーム

空き家すぽっと

所有者と利用希望者を繋ぐマッチングプラットフォームです

空き家すぽっと
 

サービスの特徴

サービスの特徴 相談無料 顧客満足度95% 全国対応 ぴったりのご提案

活用事例

全国で空き家の利活用を、サポートしています。

事例紹介1

千葉県在住の方が、相続した北海道苫小牧の不動産売却をサポートしました

千葉県在住の方が、北海道苫小牧市の不動産を相続し、売却をサポートしました。

 事例紹介2

東京都江戸川区で空き家を解体しコンテナボックスへの転用をサポートしました

東京都江戸川区で、空き家を解体しコンテナボックスへの転用をサポートしました。

事例紹介3

東京都大田区で空き家を自宅併用マンションへ立て替えました

東京都大田区で、築50年の家屋を自宅併用マンションへ建替えをサポートしました。

事例紹介4

埼玉県蓮田市で相続地の売却をサポートしました

埼玉県蓮田市で、相続地の売却をサポートしました。

事例紹介5

東京都足立区で屋根外壁工事のサポートを行いました

東京都足立区で、屋根外壁工事のサポートを行いました。

事例紹介6

愛知県名古屋市で戸建て住宅を障がい者のグループホームに転用しました

愛知県名古屋市で戸建住宅を障がい者のグループホームに転用しました。
 

お客さまの声 バナー
見解書送付サービスバナー
見解書送付サービスバナー
見解書送付サービスバナー
見解書送付サービスバナー
見解書送付サービスバナー
見解書送付サービスバナー

私たちについて

会社概要

 
会社名

空き家コンサルティング株式会社

本社所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F

代表者

代表取締役 金石 成俊

設立

2016年08月

取引金融機関

三菱東京UFJ銀行 銀座通支店

りそな銀行 新橋支店

主要取引先

大崎電気工業株式会社

九州電力株式会社

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ポリヘドロンコンサルティング

日本橋アセットコンサルタント

決算月

7月

アクセス

●東京メトロ銀座駅徒歩1分   

銀座駅 B3出口の地上口から通りに出たら右方向へ進みます。
交差点手前の左側にある1階がコメ兵のビルです。
角のガラス張りのエントランスからお入りいただきエレベーターで7階にお上りください。
 

●JR有楽町駅徒歩7分

有楽町駅中央改札口から、晴海通りに出て銀座方面へ
数寄屋橋交差点を斜めに渡り、エルメスの前の歩道をお進みください。
アルマーニの先の路地を右折し、しばらくすると左側に1階がコメ兵があります。
 

 

代表挨拶

企業理念は「空き家から未来想像」

 

私は前職大手不動産会社の営業に従事していた時、不動産所有者と年間 10,000 件の面談を行いました。当時は、数字を追求し営業を続けてましたが、ふと我にかえるとお客様の意向は無視し、自社の商品を強引に勧誘している事に気が付きました。
不動産には数多くの選択肢があります。例えば「売る 」「貸す」「建替える」「活用する」「修繕する」「管理する」など。しかし、当時の自分にはアパートを売る事しか出来ず、更に、遠方の不動産の相談は、成績に繋がらないと断っていました。 当時の私は不動産のプロとして、お客様のお悩み解決が出来ていなかったと思います。
 
少子高齢化社会、人は都市部に一極集中し、地元に残る人、地元に戻る人は少ない。 そこに残される家が空き家となり、社会問題となっています。
空き家は所有者の行動無くして動きません。
弊社は、所有者の「誰に相談したら良いのかわからない」お悩みを、お客様一人一人に寄り添ったサービス提供で解決します。
インバウンド需要で「民泊」が注目された様に、不動産の利用価値、利活用方法は時代の流れと共に変化します。空き家は住居としてはもちろん、スペースとして箱として、利活用できる可能性は無限にあります。今後、地域活性化や企業の新事業に利用される機会も増えてきます。弊社は、その可能性を追求し、あらゆる企業や、地域の団体とともに空き家問題を解決する事業を作り続けたいと考えています。  
子供達へ空き家の無い明るい未来社会の継承を、事業を通じて実現して参ります。
 
代表取締役 金石成俊

お問合せ

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
必要な項目をご記入の上、「記入内容を確認」ボタンをクリックしてください。